【保存版】30代、貯金3000万でセミリタイアする方法を考察

「毎日残業で仕事も激務。貯金3000万あるし、もう会社を辞めてセミリタイアしたい」

こんな方に向けて書きました。

結論からいうと「セミリタイア自体は可能」です。

この記事で貯金3000万からセミリタイアする方法を開設していきます。

この記事の概要

  • 完全なセミリタイアは不可能
  • 月7万の収入でセミリタイアできる
  • 貯金の一部を投資に回すことでさらに少ない収入でOK

30歳、貯金3000万で完全なリタイアは難しい

貯金3000万から全く働かない「完全なリタイア」は難しいです。

というのも、
30歳から年金をもらえる70歳までには、6240万が必要な資産です。

計算の根拠

総務省の家計調査などから毎月の支出を家賃込みで13万とする。

13万×12ヶ月×40年=6240万

完全なリタイア生活となると、今の2倍以上もの資産が必要になってしまいます。

 

貯金3000万でセミリタイアする方法

「なんだ、やっぱ貯金3000万じゃ足りないのか」

・・・なんて思う必要はありません。

以下の方法を実践することで、より少ないストレスで生活できる「セミリタイア生活」が送れます。

貯金3000万からセミリタイアする方法

  1. 月7万の収入を得る
  2. 貯金の一部を投資に回す
  3. 節約生活の徹底

月7万の収入でセミリタイアできる

貯金3000万での完全なリタイアは不可能と言いました。

でも、月7万の収入があれば、セミリタイアは可能になります。

かんた
月7万なら派遣やアルバイトで余裕で稼げますね!
◆バイトで月7万稼ぐ場合

6240万-(月7万×12ヶ月×40年)=2880万が必要

→3000万で足りる

今の激務な生活から離れ、ストレスの少ない楽な仕事に就く。

それだけでもセミリタイアの価値は高いはずです。

 

楽な仕事に就いて時間を確保する

月7万の収入を得る際、できるだけ楽な仕事に就きたいですよね。

世の中楽なアルバイトはたくさんありますが、おすすめは

  • ビルメンテナンス
  • 警備
などの「待機時間の長い仕事」です。

事実、ビルメンは労働時間の大半は待機時間だったりします。

 

・・・では、なぜ待機時間の長い仕事がおすすめか?

その時間で投資は副業についての勉強ができるからです。

投資や副業のスキルが身につけば、より完全なリタイアが近づけます。

実際に数千万稼いでリタイアした人は結構多いです。

かんた
僕も副業の定番のFXを本気で勉強中。月100万稼ぐのが目標です!

 

給料をもらいながらお金を稼ぐための勉強ができます。

関連記事:早期セミリタイア後の楽な仕事(アルバイト)おすすめ!月5〜10万稼ぐ【40〜50代もOK】

 

貯金の一部を年利5%の投資に回す

7万の収入があれば貯金を切り崩しながらセミリタイア生活ができます。

・・・でも、貯金残高が毎月減っていくのは不安ですよね。

そこでおすすめなのが「投資(運用)」です。

投資をすることで、貯金を切り崩さずに生活できます。

 

例えば貯金3000万のうち、半分の1500万を投資に回したとします。

年利5%の投資に回せば、年間75万、月6万以上の収入が入ります。

アルバイト代の7万に加え投資収入6万が入れば、それだけで生活ができます。

 

「投資なんてしたことないから不安」

そう思う人も多いかと思います。

でも、今は投資サービスが増えてきて、スマホ一つで1万円から投資できるサービスがあります^ ^

かんた
僕もクラウドバンクに500万投資して、毎月2万もの収入を得ています!

 

クラウドバンクは1万円から投資でき、年利5〜7%の投資がスマホでできちゃうのでおすすめですね。

これから投資を始める人にうってつけのサービスです!

 

●クラウドバンクに1500万投資すれば、年間75万〜105万の利益が出ることになります。

 

・・・ただ、1500万円をクラウドバンク1点に全額投資するのはリスクが高すぎます。

いくら信用度の高くても、投資の基本は「分散」

複数の投資先に投資することによって、万が一のことがあっても少ない損失で済みます。

下記でおすすめの投資先を紹介してるので、ぜひ参考にしてみてください^ ^

関連記事:投資初心者は何から?おすすめ少額投資の種類

 

複利の力で一気に増やす

「複利運用」とは、投資で分配された資金を再投資する方法です。

この複利投資により、1000万円が10年で600万増える計算になります。
(年利5%)

年数 元利合計 利息 金利
1年目 10,500,000 500,000 5%
2年目 11,025,000 1,025,000 10%
3年目 11,576,250 1,576,250 15%
4年目 12,155,063 2,155,063 21%
5年目 12,762,816 2,762,816 27%
6年目 13,400,956 3,400,956 34%
7年目 14,071,004 4,071,004 40%
8年目 14,774,554 4,774,554 47%
9年目 15,513,282 5,513,282 55%
10年目 16,288,946 6,288,946 62%

 

複利投資の効果は絶大。

年数が経つごとに分配金が増えていきます。

ちなみに15年後にはおよそ毎年100万の分配金を受けれるようになります。

分配金だけで生活することも可能になってきますね。

かんた
複利投資は時間が鍵となります!早いうちから投資を始めるのがおすすめですね!

関連記事:投資初心者は何から?おすすめ少額投資の種類

 

節約生活で生活コストを下げる

セミリタイア生活を送るなら、毎月の支出を減らさなければいけません。

当たり前ですが、収入を増やすよりも減らすほうが楽です。

支出を減らせば、セミリタイア生活が圧倒的に楽になります。

 

・・・では、どのくらい減らせば良いか?

総務省の調べによると、全国平均の一人暮らしの支出はおよそ9.5万となります。

これに3.5万の家賃がかかるとすると、13万円の計算になります。

ですが、節約生活を心がければ、もっと減らすことができます。

平均 節約後
家賃 3,5万 3,5000円
食費 4,2万 2万円
電気代 3,300 3,300円
ガス代 2,700 2,600円
水道代 1,600 1,800円
洋服代 7,800 3000円
スマホ,通信費 7,100 7,100円
交際費 9,200 5000円
日用消耗品 3,300 3,000円
その他雑費 1,8万 23,600円
合計 約13,1万 約10万円

平均は一人暮らしの生活費の平均費用は?お金を節約する最大のポイントは?から引用

 

節約生活を心がければ10万程度で生活できることがわかりますね。

記事の一番最初に紹介した「無収入の場合6240万必要」という計算は、13万の支出で計算しています。

もしこれが10万の支出で抑えられたら、1440万の貯金で生活できることになります。

リタイア生活が一気に現実味を帯びてきましたね。

さらに投資をすれば、、、もう普通にリタイアできちゃいますね。

 

投資+節約生活で完全リタイアも可能

「3000万での完全リタイアは難しい」

と最初に書きました。

ですが、この記事を書いてるうちに、可能なことが判明しました。

3000万で完全リタイアする条件

  • 1000万円で年利5%の「複利投資」
  • 月10万円の支出に抑える

・・・ちょっと難しいので、よーく読んでもらえると助かります(>_<)

1000万の投資をした場合、1年で50万の利益が出ます。

しかし、年間120万の支出があるので、

120万-50万で年間70万円、貯金から切り崩すことになります。

しかし、投資で得た利益を再投資する「複利運用」をした場合、18年目以降に年間120万(月10万)の利益が出ます。

 

 

19年目以降は貯金が減るどころか、増えていくことになります。

ちょっと難しくなりましたが、おわかりいただけたでしょうか?

この通り、やりようによっては貯金3000万で完全リタイアも可能になります。

年利5%の投資は下記の記事で紹介しています!

関連記事:投資初心者は何から?おすすめ少額投資の種類

 

【まとめ】30代、貯金3000万でセミリタイアする方法

この記事のまとめ

  • 月7万の収入でセミリタイア生活が送れる
  • 投資をすればより少ない収入で暮らせる
  • 投資+節約生活で完全リタイアも可能
セミリタイア生活を送るなら、投資は必須!

投資をはじめることで、セミリタイア生活がかなり現実的になります!

「時間あるときに勉強しよう」

なんて思ってても90%やりません!!!

かんた
少しでもやる気がある今!投資を始めましょう!1万円から始められますよ!

\初心者向け!1万円から始められる/