【安全性】クラウドバンクが元本割れする損失リスクと危険性|やばい?

「クラウドバンクを最近ネット広告で見かけるんだけど、、、本当に投資していいか不安。」

こんな方に向けて書いています。

かんた
僕も1年前、クラウドバンクに投資する時はめっちゃ不安でした。

 

いくら利率が高くても、投資したお金が返ってこなかったら、元も子もありませんよね。

この記事でクラウドバンクの安全性について徹底的に解説していきます!

 

クラウドバンクが元本割れする損失リスク!やばい?危ない?

 

最初に結論ですが、クラウドバンクの安全性はかなり高いです。

一番の判断基準として、過去一度も元本割れはありません。

他のソーシャルレンディングサービスで元本割れが相次いだ中、

クラウドバンクは応募総額700億円以上もの資金を全て返ってきています。

 

融資回収原本率は100%。

かんた
僕も500万円以上をクラウドバンクで投資しています。

 

クラウドバンクは業界で2社しか持っていない「第一種金融商品取引業」を持っています。

 

第一種金融商品取引業の事業者は高い財務健全性が求められており、毎月、金融庁と日本証券業協会に自社の自己資本比率(財務健全性を表す指標)を報告することが義務付けられています。

つまり、クラウドバンクに限っては同社の財務状態を外部から把握できるので、突然倒産するといった心配もなく、安心して募集プロジェクトに投資することができます。

引用:https://oneinvest.jp/social-lending-dainishu/

\初心者向け!1万円から始められる/

 

クラウドバンクは行政指導による営業停止が2度あり

ただ、この記事では事実を書かなければいけません。

クラウドバンクは過去に行政指導による業務停止命令などが2度ありました。

 

クラウドバンク業務停止命令 2013年

  • 分別管理を適切に行っていない状況
  • 顧客に対し必要な情報を適切に通知していないと認められる状況引用:処分に関するQ&A

 

ざっくり言うと、「投資家から預かったお金と自社のお金の管理ができていかった」です。

もしこの分別管理がしっかり行われていれば、投資家のお金はちゃんと返ってきます。

しかし、クラウドバンクの急激な利用者の増加により、管理が追いつきませんでした。

そのため、財務局から3ヶ月の業務停止命令がなされました。

もちろん、クラウドバンクはその問題に早急に対応し、処分を乗り越えました。

 

クラウドバンク業務改善命令 2017年

・キャンペーンの内容と事実が異なっていた
・事実と異なる融資を行っていた

2度目は「業務改善命令」。

ざっくり言うと、手数料還元キャンペーンの還元がなされていませんでした。

また投資先の会社が、記載されていた内容の別の会社であることも問題となりました。

この2つに関しても、すぐに対応がされました。

まず還元キャンペーンの還元について、
キャンペーンの金額に遅延損害金を加えて還元しました。

またクラウドバンクのWEB上の掲載業務を改善し、代表取締役が交代するなど経営が一新されました。

 

二度の業務停止命令などを乗り越えて、今も人気のサービス

ソーシャルレンディングの中で爆発的な人気を誇るクラウドバンク。

その理由は、この2度の行政からの停止命令などを乗り越えたことにあります。

 

業務停止命令とともにサービスが終了してしまう会社もあります。

  • ラッキーバンク
  • みんなのクレジット
  • グリーンインフラレンディング

この3社は業務停止命令とともに、実質的にサービスを終了しています。

そんな中、2度の行政処分を受けても、未だにトップを走り続けるのは大きく評価されます。

\初心者向け!1万円から始められる/

 

クラウドバンクが危ない!危険!と言われる理由

ネットを見ると「クラウドバンクは危ない!」だとか「危険だ!」という言葉を時々見かけます。

実際に、グーグルで検索されているワードを調べてみると、
そのようなワードが検索されています。

 

「クラウドバンクが危ない」と言われる理由は「行政処分」

考えられる一番の理由は、やはり先ほど書いた2度の「行政処分」です。

行政処分により評価を落とすのは、仕方がありません。

クラウドバンク側に責任はあります。

ただ、2度の行政処分を乗り越え、今も大人気のサービスである点は、
逆に信頼を集める要因となっています。

 

過去に4ヶ月の遅延

もう一つ考えられる理由として、クラウドバンクは2014年に遅延の発生がありました。(4ヶ月)

もちろん、元本割れはなく、利息付きでしっかり分配されました。

遅延は、どの人気ソーシャルレンディング業者でもあることです。

ちなみに貸し倒れしている業者は多くあります。

あの日本が誇る金融グループ「SBI」ですら、過去に貸し倒れがありました。

そんな中、クラウドバンクは1度すら貸し倒れは起こっていません。

 

クラウドバンクは安全性は高い

クラウドバンクは「安全性が高い」と評判が高いです。

その理由として、

  • 第一種金融商品取引業者
  • 健全な利回り
  • 担保・保証がある

などが挙げられます。

 

第一種金融商品取引業者

金融商品取引業を行う業者は、「第二種金融商品取引業者」を取得する必要があります。

ソーシャルレンディング業者も、この資格を持って運営を行っています。

しかし、クラウドバンクが持っているのは、「第一種」金融商品取引業者。

二種よりもハードルは高く、業界でも2社しかありません。

その1社がクラウドバンクなんです。

 

健全な利回り

ソーシャルレンディングの中には10%以上を超える利率の案件もあります。

しかし、利率が高いということはリスクの裏返しとも言えます。

実際、クラウドリースという業者は10%を超える案件が多いですが、
2019年に期失が発生しました。

全応募額のうち約3割もの延滞額が発生しています。

それに比べて、クラウドバンクの年利は6%ほどと、健全な利回りと言えます。

 

担保・保証のついている案件が基本

クラウドバンクの案件は担保や保証が基本的についています。

万が一貸し倒れが起こったとしても損失を抑えてくれます。

なので安心して投資を行えます^ ^

 

\初心者向け!1万円から始められる/

 

クラウドバンク投資でリスクを回避し安全性を高める方法

クラウドバンクの安全性を説明しても、投資未経験の方は、怖さを感じてるかもしれません。

なのでより安心して投資ができる方法をお伝えします。

基本は「リスク分散」です。

 

リスク回避で安全性を高める方法1 クラウドバンク内で分散投資

クラウドバンクでは様々な案件があります。

  • 太陽光
  • 水力発電
  • 風力発電
  • 不動産担保ローン
  • バイオマス
  • 横浜市の支援事業
  • 海外への不動産投資
  • 海外への中小企業支援ローンファンド

 

一つの案件に投資するのではなく、2〜3つ以上に分散投資をするべき。

100万を投資する場合(例)

  • 太陽光→40万
  • 水力発電→30万
  • 不動産担保ローン30万

このようなイメージですね。

投資先を分散することにより、万が一、一つの案件で元本割れになっても、他の案件で利益を補えます。

 

リスク回避で安全性を高める方法2 他のソーシャルレンディングに投資

クラウドバンク以外の業者を利用することで、さらに投資先が分散されます。

クラウドバンク以外でおすすめは

人気のソーシャルレンディング業者
  • SBIソーシャルレンディング
  • CREAL
  • FANTAS

です。
他にもいくつか人気の業者はあります。

ですが、安全性と利回りの高さを基準に、実際に僕が投資してたり検討をしている業者です。

 

リスク回避で安全性を高める方法3 他の投資を行う

ソーシャルレンディングの他にも、別の投資を行うのがおすすめ。

もちろん分散投資のためです。

ソーシャルレンディング以外に僕がやっている投資は

  • wealthnavi(ロボアドバイザー)
  • トラリピ(自動売買FX)

があります。

wealthnavi(ウェルスナビ)は、完全ほったらかしの、ロボットが全て運用してくれる投資。

 

1年半前に50万投資して、現在4万ほどのプラスになっています。

成績をみれば低いですが、本当にほったらかしなので良しとしましょう。

また、トラリピはFXなのでリスクは高めですが、こちらも1年半ほどやって10%ほど利益が出ました。(総額70万ぐらい)

 

 

ただトラリピは勉強が必要。
なので先にクラウドバンクで投資を始めてから取り組むのがおすすめですね。

こんな感じで投資先を分散させることで、よりリスクを分散させることができます。

 

【まとめ】クラウドバンクが元本割れする損失リスクが低い!安全性良し!

この記事のまとめ

  • クラウドバンクは元本割れは一度もなし
  • 第一種金融商品取引業者で信頼性は抜群
  • 過去2度の行政処分を乗り越えて信頼性が高い
かんた
クラウドバンクは安全性が高いです。僕も500万を投資しています。

もしクラウドバンクでの投資を迷っているなら、自信を持って背中を押します!

口座を開設するのに数日程度時間がかかるので、今のうちに申し込んでおくことをおすすめします!

\初心者向け!1万円から始められる/