【超シンプル】共働き夫婦の財布の分け方|一緒にしない管理方法【マイ家計ルール】

f:id:apwa0g:20191112104317j:plain

どうも、節約夫婦の主夫、かんたです!

結婚する前、

「お金の管理どうしよう?」

って話になりました。

夫婦になると共通の支出が増えます。

子供ができたらなおさら。

ってことで、結婚して一緒に住むようになってから、簡単な家計ルールを作りました。

僕らと同じ疑問を持ってる人の役に立てればと思って書きます!

 

共働き夫婦の財布の分け方|一緒にしない管理方法【マイ家計ルール】

f:id:apwa0g:20191111113208j:plain

まず前提として、僕は「小遣い制度」は頑なに断りました。

というのも、公務員にも関わらず月の小遣い3万で生活していた父を見て、

「財布だけは握られたくない!」

と思ってたんです笑

 

僕が理想としたイメージは

「結婚前の延長」

みたいな感じ。

財布は当然別々で、
キチキチとしない感じで管理するのが希望でした。

嫁さんも嫁さんで

「私がお金を管理して徹底的に倹約したい!」

ってタイプじゃなかったので助かりました。
(子供ができたら変わってくるだけろうけど)

 

ではでは、
僕ら共働き夫婦がどんな感じでお金を分けているかというと、

・お互いの共通口座に毎月10万振り込む

・生活費などの共通の費用は、家族カードで引き落とし

これだけ。超シンプルです。

 

この家計ルールに必要なのは

・①共通の口座

・②家族カード

この2つです。

 

お互いの共通口座に毎月10万振り込む

f:id:apwa0g:20191112105354j:plain

まずお互いの共通口座を作りました。
(正確には使ってない口座を利用することにしました)

コンビニで手数料が無料になるネットバンクですね。

そして、その口座にお互い毎月10万を振り込むという家計ルールを作りました。

共通の口座を作るメリット

共通の口座があれば、

・光熱費、ガス代

・家賃

・駐車場代

といった毎月の生活費の支払いを、自動的に折半することになります。

また、次に紹介する「家族カード」もこの共通の口座から引かれるようにしています。

 

家族クレジットカードで共通口座から引き落とし

f:id:apwa0g:20191112105613j:plain

家族カード(クレジットカード)は最強!

家族カードとは、クレジットカードの所有者である本会員の家族が、本会員と同じカードを追加で発行できるカードのことです。
引用:https://kakaku.com/card/menu/family/

クレジットカードを作る際に家族カードを申し込むことで、
全く同じ情報のカードを夫婦で1枚ずつ持てます。

そしてこのカードで、

・食材

・ティッシュ、洗剤、トイレットペーパーなどの日用品

など、普段からお互いに使うものを買う際に使います。

もちろん、引き落とし先は、先ほど紹介した共通の口座です。

 

それ以外にも、

・夫婦の外食
・旅行

などの、2人で利用するものはすべてこの家族カードで支払ってます。

家族カードがあれば、夫婦生活で毎月どのくらい使ったのかも、明細で簡単に可視化できます。

 

あと、僕は自分用と、共通用の2枚のクレジットカードを使い分けています。

 

f:id:apwa0g:20191112105731j:plain

 

そうすることで、
自分だけが使うお金と2人に必要なお金をしっかり分けることができます。

 

ちなみに、あとから気づいたんですが、
家族カードを使っていると、めちゃくちゃポイントが貯まります。

僕ら夫婦が使ってる楽天カードは、還元率が平均の2倍の1%。
(100円使ったら1円分)

毎月の支出がポイントになってくんで、すぐに数千円分のポイントが貯まります。

その辺のお店で楽天ポイントで買い物ができるので、
現金が貯まるようなもんです。

家族カードを作るなら断然「楽天カード」がおすすめですね。

かんた
この間、炊飯器が壊れたので、楽天ポイントで新しく買いました^ ^

 

→楽天カードを申し込む
(カード作成後に家族カードを追加で申請できます)

 

もう一度まとめると、

①共通の口座に、お互いに毎月10万振り込む

②食費、生活費をその口座から引き落とされるようにする

③食材、日用品、デート代などを、家族カードで支払うようにする

こんな感じですね。

・共通の口座
・家族カード

この2つさえあれば、超シンプルに家計管理ができます。

 

この共働き夫婦のお金の分け方デメリット

最大のデメリットはただ一つ、

家族カードで支払うものの線引き

です。

僕ら夫婦のルールだと、
食費、日用品、デート代など、お互いに使うものを家族カードで支払ってます。

その「お互いに使うもの」がどこまでか?

 

これは日用品に多いです。

例えば、僕は300円の安い洗顔を使ってますが、
奥さんは2000円ぐらいの高価な洗顔を使ってます。

また、奥さんしか使わないコンタクトも家族カードで支払ってます。

買い物の際、わざわざ分けて会計するのはめんどくさいので良いんですが。

 

・・・とまあ、こんな感じで若干あやふやになる点もあります、
まぁ、そこまで細かくは気にしません。

それがOKなら、この管理方法は本当に楽だと思います。

 

財布は一緒にしない!結婚前の延長の形で

f:id:apwa0g:20191112110029j:plain

よく奥さんが家計の管理をするって話、聞くと思います。

けど、お互いの共通の口座を作って、毎月決まった額さえ振り込んどけば、

別に管理する必要はないと思ってます。

 

もちろん、子供ができて奥さんが働けなくなったり、マイホームを買って倹約しなきゃいけない
みたいな状況なら、管理する必要があるかもしれません。

けど、そうでないなら、結婚する前の延長みたいに、堅苦しくなく生活したくないですか?

少なくても僕はそう思います。

 

おまけだけど、財布を一緒にしないでいると、

「今日は自分がランチ代おごるよ!」

ってことができます。

財布を一緒にしてれば2人の費用だけど、別々なので、奥さんも喜んでくれます笑

 

で、奥さんも「今日は私がおごるよ!」

って言って喜んでたら、家族カードで支払ったりします。

いや、それ俺らの口座でしょって笑

お金に余裕があれば喧嘩にはならない

夫婦の喧嘩の内容って半分は「お金」です。

お金で喧嘩したくないと思いながらも、お互い金銭感覚が違うんだから、仕方のないこと。

でも、もしお金に余裕があったらどうでしょう?

今の収入にプラスで1万でもあれば、だいぶ余裕が出ませんか?

 

1万円から始められる投資サービス「クラウドバンク」は、年利がなんと5%以上

 

銀行の金利と比べると、なんと500倍

200万の投資で毎月1万の不労所得が手に入ります。

かんた
僕ら夫婦も毎月3万の不労所得を得ています!銀行にお金を眠らせておくのがもったいない

→クラウドバンクについて詳しく見る

 

また、当サイトでは様々な不労所得を紹介しています!

僕もセミリタイアを目指して日々不労所得作りに励んでいます。

ぜひ当サイトを活用して、お金に余裕のある生活を目指してください^ ^

→サイトTOPに戻る

 

【まとめ】共働き夫婦の財布の分け方|財布を一緒にしない管理方法【マイ家計ルール】

f:id:apwa0g:20191111113208j:plain

もういちど最後にまとめると、こんな感じです。

①共通の口座に、お互いに毎月10万振り込む

②食費、生活費をその口座から引き落とされるようにする

③食材、日用品、デート代などを、家族カードで支払うようにする

 

共通の口座と、その口座から引かれる家族カードを持っていればOK。

家計ルールというより、もはや仕組み化ですね。

どちらかが管理するわけじゃないので、超楽です。

ぜひ参考になれば幸いです!